~歴史と文化を活かした新発想の
   “歴史シアター式地域創生”プランニング~

■地域の「魅力」「自主的な経営力」「人」を育てる

1. その地域ならではの無限大の価値と深い魅力を発掘
2. どこのまちにもある「歴史ある道」「暮らしの小径」
「歴史ストーリーや歴史ロマン」「遺跡価値」に着眼し、
地域活性、地域の自主的経営に直結できる方法を共に考えます。
3.全国各地での「歴史フットパス」「日本のカントリーロード」(当社オリジナル)活動を推進します。
4. 人の共感を呼び、来訪する・集まる仕組みを創造。
「情報発信地」と「来訪者・ファン」の需要と供給バランス
(双方向型経済)を構築します。
5.地域活性化の諸課題について分析し、より活力がある仕組みづくりを共に考えます。


■画期的、かつ“底力”を持ったコンサルティング&プロデュース

――――歴ジャパには地域活性の秘策があります。
●まずは地域に秘められた歴史や文化などの価値資源(宝)を掘り起こし、明らかにしていきます。地域ならではの魅力やあらゆる価値を、地域の方々と共に認識し合い、磨きをかけていきます。地域の観光経営は、発信側のPRだけではなかなか実現しないものです。一方で適切に「来訪する側」を育て、双方がバランスよく関わり交わって初めて実現に近づくものと考えます。当社は、そのバランスを念頭に、健康づくり・旅好きファンとを各地をつなぐ「双方向連動型」の旅やウォークをご提案します。
★「歴史」「文化」「食と生産物」「健康」「おもてなしの心」を有効に活かす為の手法です。


■新発想の “歴史シアター式・まちづくり”

●「歴史シアター式」とは…

「現在のその地の有様だけでなく、そこに秘められた数多くの先人たちが成してきた歴史時間軸の中の、大切なもの・素晴らしきものを “実体験的に、まるで当時にタイムスリップしたかのように感動しつつ享受する”こと」。またそれを地域活性や観光に直結させる方法です。
それらを見つけ出し、地域の人とまとめあげ提案していく仕事は、歴史学や考古学・遺跡の真の価値を見出す力、古代からの歴史景観やヒューマンドキュメントをエンターテインメントや観光、ウォークや講座、地域活性に活かすことなどを実践してきたプロたちの経験と力も必要です。
当社スタッフは、国内で唯一、それを実践してきた経験あるメンバーです。
ぜひ一度、「地域の輝く宝」をご一緒に掘り出してみませんか。まずはお気軽にご相談ください。

●どこにでもある生活の小径(小道)や歴史ある道(古道・古街道)に着眼

古代からそこに展開し永々と営まれてきた「遺跡」の持つ価値(防災や地勢学的特性、人が集まる・見えない力)、旧街道や古街道、暮らしの小径が持つ、様々な特性まで総合的に調査研究。

●まちづくりや地域振興に、英国発祥の“フットパス”の手法を活用

「地域の小径を楽しみながら歩き、普段のありのままの暮らしの場の中にこそ地域の深い魅力があることを知り、地域と大いに交流する」のがフットパス。 通過型観光ではなく、その地の魅力や価値について来訪者が関心を持ち何度も来訪する現象が生まれます。同時に地域人は誇りを再認識し自信を持つ――そんな機会が増え、相互が関わり合うことで、新たな観光や産業の活性化・雇用創出にもつながるこの「フットパス」がいま最も期待されています。

”フットパス”(footpath)とは…


イギリスを発祥とする“森林や田園地帯、古い町並みなど、地域に昔からある、ありのままの風景を楽しみながら歩く【Foot】ができる小径【Path】のこと。日本でも全国に広がりつつあり、地域創生に最も有効な手法と国や自治体など各方面からも大いに期待されています。



二つのセット販売もあります